信州・北志賀高原、須賀川の「10割そば」

がんこ親父の、こだわりの「うまい蕎麦や」

店の名[北志賀家電・そば部]

〒381−0405長野県下高井郡山ノ内町夜間瀬8156

Tel/0269−33−6234

ブログもご覧ください

マップはこちら


開店10周年 、いろいろなサービスでおもてなし。
ぜひ、お出かけください。 お待ちしています。
※このページをご覧になった方は、来店の時にお知らせください。

電気屋さんの蕎麦や・入口  「蕎麦のほこり」と「親父の誇り」

店の名前は「北志賀家電・そば部」 電気屋さんの「そば部」「そば部?」?

世界中どこにも無いであろう。友人からも、女将さんの名前をとって「静そば」に変えたら、などいろいろの案がでるが、この親父、がんとして聞き入れない。その真意は測り知れないが、「俺は、由緒ある大給家の大将、女房・家族は全員家来」???

友人たちも、今は誰も言わなくなった。?

[大給(オギュウ)家の歴史]-----親父と親しくなると必ず聞かされる-----

「その昔、大給家は、三河の松平家の-------云々

側で毎回、一緒に聞かされる女将さんが、横から「この話しになると長くなる」が、聞き手が足のしびれをきらしても、親父は止めない。さすが大給家の血筋。

「このがんこ」、「このこだわり」が名物・須賀川の「10割そば」を堅持している。



「こだわり」「がんこ」の店の「うまい」をご披露しましょう!
こだわり1

自分で、タネを蒔いて
こだわり2

粉挽きは、親父の腕っ節
 

こだわり310割蕎麦

そば粉10割

そばのつなぎに、おやまぼくち(ヤマゴボウ)を使う。葉っぱを煮詰めて水洗いし、繊維をとり、ほぐす。

こだわり4-----定10       

お客さんに、おいしく食べてもらうには、10食が最高である。テレビや新聞の取材で、少し知られるようになったが、蕎麦の味がクチコミで広まり、時々10食以上でるときがあるので、評判になった[蕎麦あります限定10食]の立派な筆字の看板は、親父のコケンで出さなくなった

 

こだわり5」「うつわ 」

蕎麦を食べにくるお客さんは、「うつわ」には余り興味を示さないが、地元の陶芸家の「こだわり」の蕎麦用の大皿や蕎麦猪口なども鑑賞してください


ついでに------その昔、いまの女将さんを射止めたのも、[こだわり一直線]でした。
この親父、つくり笑いはしない。但し、女将さん、嫁、孫の笑顔は極上です。

女将さんと、嫁と、かわいい孫

こだわり6
「こんなに長いソバ」

そば猪口も太め
こだわり7「女将さんの田舎食材の手料理」
 
せんぞかぼちゃ(きんしかぼちゃのこと)

ふろふき大根

こだわり8

「なんたって、おらが山の水」

囲まれた山々から出る伏流水は、格別に美味しい

遠くの人たちが容器をもって、汲んでかえるほどである。

こだわり9

「テイ―タイムの関所」(寄り合い所)

この地方には、英国の風習にも似た「お茶の時間」がある

午前10時と午後3時に、この店の前を通る知人は、素通りは出来ない

常に道路に、目を配っている女将さんの笑顔の手招きに、吸い込まれる

お茶と山菜など地産のおもてなしと、オシャベリにすぐには帰れません

いろいろいっぱいの情報のやりとりです

この温かい雰囲気イツマデモ、イツマデモ---お願いします)


こだわり10

「スキー客」「観光客」「ツーリング」「通りががりの人」

土地のこと、困ったこと、---何でも相談に乗ってくれる 女将さんは、姐御肌!!



/9(夜間瀬あけび工房 同人F・記)


 
店内・展示品販売
地元の竹細工、つる細工、陶芸品(蕎麦猪口など)近日開設予定